悪評が少ない優良業者


出金がスムーズで、安心して使えます。トレーダーの間で人気の高機能、優れた操作性の取引画面が◎の海外バイナリーオプション業者です。

オプテック

オプテックは、バイナリーオプション初心者や業者を探している方のためにデモ取引を用意しているというのが まず最初に受ける印象としてはユーザーフレンドリーなバイナリーオプション業者です。

多くのバイナリーオプション業者が この取引デモやデモ画面、取引開設動画などを展開していますが 実際に口座をつくらないとデモ自体が体験できない。というケースがほとんどです。しかし、オプテックは口座を開設しなくても デモ取引を体験できるというサービス精神で、オプテックでの取引ユーザーを増やしています。

バイナリーオプションに興味がある。という初心者にとって 口座を開設しなくてもデモで取引が体験できるということと、オプテックに慣れるので そのままの流れでオプテックに口座を開設する方は多く、プロのトレーダーも口座を開設する手間を省いて業者を試せるのは大きな利点だと言えます。

 

取り扱っている通貨は32ペアと比較的多く用意されており、トータルで109種類以上の取引ができる。というのもオプテックの特徴だといわれています。

しかし、ユーザーフレンドリーに見えるオプテックですが いざ口座を開設する際には6つのアカウントタイプからの選択をする必要があり、アカウントタイプによりうけられるサービスやペイアウト倍率が変わってくるという より大きな額で取引をするトレーダーに有利なシステムのように感じます。

 

オプテックのトラブル、悪質、詐欺等の情報や口コミ、評判

一見、ユーザーやトレーダーにフレンドリーなバイナリーオプション業者のオプテック。しかし、実際のところは厳しい評価がされています。口座を開設する際に 6つのアカウントタイプから選択することになるのですが このアカウントタイプによって うけられるサービスやペイアウト倍率が変わってきます。一番 低いグレードのアカウントタイプでも もちろん通常の取引は行えますが「弱者に冷たい」という印象を与える業者と言われています。

6つのアカウントタイプは、グリーン アカウント、ブロンズ アカウント、シルバー アカウント、ゴールド アカウント、プラチナ アカウント、ブラッククラブ アカウントに分けられています。このアカウントタイプは最初に いくら入金するかで変わってきます。一番 グレードの低いグリーン アカウントでも25000円から49999円の入金が必要になります。一番上のブラッククラブ アカウントに関しては250万円の入金と恐ろしいことになっています。

バイナリーオプションでは、低資金で投資や取引が行えることが 魅力でもあり重要視されている中、こういった形で最初の資金が多額という業者は注意したほうがいいと言われています。トレーダーの多くが オプテックに手を出さないのも納得です。

トラブルに関しては、本来 出来るはずの権利放棄が出来ない。というトラブルが報告されています。リスク回避、軽減、損失に大きく関わる権利放棄が実際 出来ないのは困ります。しかも、最低投資額が2500円と高めの設定なので権利放棄が実行できないというエラーは かなり厄介です。

ともあれ、高額資金を必要とするバイナリーオプション業者は投資家やトレーダーからはカラい評価です。

 

オプテックの出金拒否、出金できない等の情報

オプテックの出金手続きでは、海外業者からの出金で必要になる書類以外にも 時にオプテック経理部門から更に書類等を要求されることがあるそうです。出金までにかかる日数は10日前後と記載されていますが、これも出金にかかる日数としては長く感じます。さらに、追加の書類の提出を要求されるのは セキュリティー的に安心というよりは手間がかかりすぎる上、信頼できるかどうか 実際、怪しいところです。

悪評が少ない優良業者


ジェットオプションの特徴は、最短30秒で取引結果が分かる30秒取引を取り入れ、資産効率(回転率、資産の増加スピード)を重視するユーザーから重宝されています。